x
外国為替保証金取引物語
外貨保証金取引でのいくつかの僕の物語。もちろんリアルです。

--/-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

09/25 これまでのこと、これからのこと#6

~再びユーロ円
 3ヶ月前FX取引を始めた頃、ユーロは今にも消え入りそうに見え、ニュージーランドドルは黄金に見え、カナダドルの強烈な強さに辟易し、ポンドはアンタッチャブルで、ドルは以外に堅く、僕は思ったほどには理性を持ち合わせていないことにまだ気がついていなかった。
 
EUR/JPY 136.75 2万 long 7/21 16.26
 → 決済 137.30 2万 8/4 19.00 
 
 7/21人民元切上げ数時間前に建てたユーロ円のポジションは8/4にようやく決済することができた。ポジションを建てる際ドル円4万long orユーロ円4万longで迷った末それぞれ2万づつのロングポジションを建てた。同じクロス円の円売りであるのでリスク回避という意味合いはなかったのだけど結果的にはリスク回避として作用したようだ。
 7/21に建てたドル円のポジションは未だ決済できずにいる。幸い先週のドル円上昇およびスワップの累積によりようやく決済損益がプラスとなった。恐らく明日からの週でプラス決済できるとはおもうのだけど、そこは一寸先は深い闇に覆われている為替世界、どうなるのかは誰にもわからない。
 
 この取引でチャレンジしたことはデイトレードを意識したレンジ内取引というものだ。つまりレンジの下限で買いレンジ上限で売るという逆張りポジションによる取引だ。結果的にはポジション約締数時間後に訪れた人民元切上げによってこのチャレンジは失敗に終わったのだけど、いくつかの収穫はあった。そのうち最も重要だと思われるのはレンジ取引でのストップロスの重要性を学んだことだ。
 このポジションにはストップロスは設定していなかった。所詮レバレッジ10倍なので今でもストップロス設定は必要なかったのだと思っているのだけど、目下レバレッジ200倍で取引しておりこの状況下逆張りをおこなうレンジ内取引でストップを設定していない場合、最悪資産をすべて失うこともある。切上げがあったとはいえ実際一時期-200pips以上の含み損を抱えていた。
 
 5/31に始まったFX取引での学習期間として当初設定した3ヶ月間において、このユーロ円ポジションは最後のポジションとなった。これを契機に外貨exでのレバレッジ約10倍の取引からFXonlineでのレバレッジ200倍の取引へと資産運用手法の移行を計ることになる。
 
 FX取引を本格的にはじめたこのごろ、ユーロは消え入りそうな印象とは少しばかり離れたところにあり、もはや黄金には見えないニュージーランドドルだけど下げ渋り加減にある種のリスペクトに似た思いを抱き、やられ続けているカナダドルに対してはもはや敵意すら抱く始末、ポンドは相変わらずアンタッチャブルな存在で、ドル円は相変わらずの堅物で、僕は思ったほどには理性を持ち合わせていないことに気がついていた。
スポンサーサイト
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【2005/09/25 14:31】 FXこれまで~ | トラックバック(0) | コメント(0) |

08/27 これまでのこと、これからのこと#5

~ドル円/人民元切上げ前のその予兆
 
 そのときチャートはレンジ相場で僕ははじめてのデイトレードを考えていた。7月21日人民元切上げの5時間程まえのことだ。
 全面円安に妙な違和感を覚えながらポジションの建てどころを探りいくらか検討した結果ドル円とユーロ円が候補にあがった。ドル円は112.40-112.80で上下堅く、ユーロ円は136.70下限が堅く上はドル円ほどではなかったのだけど137.10近辺がほどほど堅かった。ショートを建てるつもりはなかったのでどちらかといえばユーロ円に気持ちが傾いていたのだけど、前日の深夜23:00頃にNZD円3万CHF円1万を決済し保有ポジションはカナダ円1万だけになっていたのでなにより早くポジションを構築したかった。
 とにかくより早く下限に至った通貨ペアのロングポジション4万を建てようと思いどちらに指値をいれようか迷っていたのだけど、最終的にはふたつの通貨ペアにそれぞれロングポジション2万を建てることにし、ドル円、ユーロ円にそれぞれ指値112.40、136.75の注文をいれた。16:00頃にポジションはそれぞれ成立し、そして4時間後の人民元切上げを迎えたのだ。
 
 その後2度程だろうか。ドル円ロングポジションを損益0円に近い形で決済できる機会もあったのだけど、僕はしなかった。冷静に考えればそこで決済し新たにポジションを立て直すべきなのだけど、実際そう考えていたのだけど、僕にはできなかった。その時点では更なる上値はあまり期待できないことを予想していたし、トレードの本質は儲けることでそのためには入口より出口のほうが重要でそう考えるとそこで決済することが筋なのだけど、筋以外のなにかが僕にそうさせなかった。
 ドル円はトレードに儲けること以外のなにかをもとめている愚かな僕が今も保有しているポジションで僕の戒めでもある。
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【2005/08/27 16:37】 FXこれまで~ | トラックバック(0) | コメント(0) |

08/16 これまでのこと、これからのこと#4

~NZD/円
 
 これまでのポジションの建て方とは大きく異なっていた。はじめて絵を描いたのだ。
 NZD/円。この通貨ペアのポジションを建てることを思い立ったのは6月の半ば。実際にロングポジションが確立されたのは七月七日。いくつかのレポートを参照しいくつかのテクニカルチャートを検討し僕はこういった絵を描いた。
 6月半ばNZD/円は78.00辺りの高値を推移していた。検討の結果、下落の足は速く恐らく遅くとも二週間後には75.00台前半へと下降するだろう。その際跳ね返されるサポートは75.30辺りではなかろうか。といった絵だ。結果、75.30まで下降するには更にもう一週間を待つことになったのだけど、とにかく3週間後には指値にヒットした。その後一旦七月十三日に75.15まで下降したのだけど、かね堅調な動きを示してくれた。
 ポジションは人民元切り上げが行われた前日の七月二十日に決済された。同日には六月前半に建てたCHF/円のポジションも決済されていた。運がよかったとそのときは思ったのだけど、その後のことを考えるときとても複雑な思いがよぎるのだ。
 ポジションが一斉に決済されたことは新たなポジションを確立する良い契機になるということだ。実際、翌日人民元切り上げが行われる数時間まえにドル/円、ユーロ/円のロングポジションをそれぞれ2枚ずつ確立させてしまったからだ。
 まあ、こういうこともあるのだろう。
 
7/7 11:12 75.30 long 一万→7/20 23:04 76.52(人民元の一日前) 
7/13 8:14 75.90 long 二万→7/20 23:04 76.52(人民元の一日前)
 
 NZD/円のロングポジション確立から決済に至るまでに、すこしばかり後悔したことがあった。それは追加のポジション確立を渋ったことだ。3週間も待ちようやく確立した、それもはじめて描いた絵によってはじめて確立したポジションなのだけど、ひとつの通貨ペアにたいして一枚以上のポジションを建てたことがそれまでになかったこともあり、慎重になってしまったのだ。結果、追い買いのポジションを建てるまでずいぶん時間を費やしてしまった。7/13に一旦75.15まで下降した際に確立すべきだったのだ。
 これはなにも結果としてNZD/円が上昇したから後悔したのではなく、たとえ下降したとしても、追加のポジションを建てないことがせっかく描いた絵をなんだか無駄にしてしまったような気がして、そんな風な後悔というやつだ。もちろん為替取引は絵を描くことが主目的ではなくあくまでもそれは手段なのだけど、それはわかっているのだけど、それにも関らず実際のところ後悔してしまっている僕がいたのだ。
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【2005/08/16 16:51】 FXこれまで~ | トラックバック(0) | コメント(0) |

08/13 これまでのこと、これからのこと#03

~スイスフラン/円
 運がよかったのだろう。
 結局決済したのは人民元切り上げが行われた7/21の前日だった。6/3、指値か成り行きかともかく86.17で確立されたCHF/円のロングポジションは利が出始めるまでに一ヶ月以上を費やした。7/20 23:59。87.30のリミットにヒットし利益確定された。ポジション確立からの約6週間、CHF/円の動向を追い続けたのだけど、ひとつ、気がついたことがある。それはCHF/円の動向はユーロ/円のそれと全く同調している、というもの。唯、一度だけ各々の動向がずれたことがあった。ロンドンでテロが起きたときだ。その際ヨーロッパ通貨はスイスフランへと流れCHF/円の動向はユーロ/円のそれと離れ高値を目指す動きを顕在化させた。
 今回のCHF/円のポジションはそれほど劇的な物語を紡ぎ出しはしなかったのだけど、まあ、学んだことはあった。恐らく今後CHF/円のロングポジションを建てることはないだろう。結局ユーロ/円と同調するのならスワップがユーロ/円の約1/5であるCHF/円を建てるメリットを見いだすことが、今の僕にはできそうもない。
 
 帰省して今日で三日目。山間のこの街の朝のとても澄んでいてひんやりした大気はカオスの淵に立たされ続けた僕の脳に程よきトルクを発生させるまでの回転数を誘いだしてくれた。テーブルの上には昨晩の形跡が雑然と佇み、背後では『Daydream』/ Wallace Collection\"\"が流れていた。
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【2005/08/13 17:19】 FXこれまで~ | トラックバック(0) | コメント(0) |

08/03 これまでのこと、これからのこと#02

~カナダショート
 いくばくかの体験を顧みることもなく、氾濫し平等な情報から形成され蓄えられた知識によってあらゆるものごとの未来予想図を構築しつづけ、構築できてしまうことで先の見えてしまった未来に対し失望しか持つことができなかった十代の半ば過ぎ、あるできごとによって自分はなにも、なにひとつ構築していないこと、唯のひとつも行動していないことに気づいて以来、僕は何事により予想図を描くよりはまずは一歩踏み出すこと体験することを、あまり多くない行動指針のひとつとしてきた。ものごとの大小に寄らずだ。もちろんいくつかのつらい経験をもつことになるのだが、行動せずに素通りするよりかは後悔は少なかったようにおもう。
 いささか大上段に構え過ぎてはいるが、実際そこまで構える必要性などないのだけど、とにかくそういった理由もあって「売り」をはやく経験したいと考えていた。口座開設三日後05/06/02am8:00頃、そのチャンスが到来した。CAD/JPY 87.02 S 05/06/02ショートポジションの成立だ。そして今に続くながい潜伏の旅のはじまりでもあった。五日後の05/06/07には85.13まで落ちたのだけど、欲張った僕の指値はさらに下の84.00にあった。本来であれば損益分岐点にスットプを入れておくべきところだ。結局ポジション成立八日後05/06/10、この日CAD/JPYは急反発し87.00まで急進し続伸し今(91.90)に至る。


ここにふたつめのルール、FX取引における僕のルールが成立した。
rule#002/ショートポジションは極力もたない
rule#003/損益分岐点にストップをいれる


ちなみにrule#001は「これまでのこと、これからのこと#01」より
rule#001/ポジション確定時にストップを置かない
(レバレッジが10倍である場合に限る)
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【2005/08/03 17:05】 FXこれまで~ | トラックバック(1) | コメント(0) |

08/02 これまでのこと、これからのこと#01

~ユーロでの失敗
 確か外貨exの口座がひらいたのは五月三十日で、前日にはフランスでEU憲法の国民投票の否決があって、数日後のオランダでの否決があったときだった。僕はまずはポジションをとりたかったし、とにかく為替の世界を体感したかったから、とりあえずユーロ/円 (133.80 long、10,000)に指値注文をいれ一円下にストップをおいてみた。オランダの投票結果予測は八割方否決といったところで僕も否決なんだろうと思うともなく思っていたので、本来であれば初取引ということもありオランダの結果をまってから取引を開始すべきなんだろうけど、このときすでに幾日か待つ余裕はなかったし、ただただ好奇心の塊が圧倒的に僕を支配していた。
 翌日ポジションは確定した。ユーロ/円は三円ほど下落していたのでもう一円も下がらないだろうと、まだ一円の変動幅の重さも軽さも知らないころ、体験のない知識のみがあるころに、そう決めていた。
 数日後にはオランダで否決されユーロ/円はさらに三円ほど下がりはしたけど、一ヶ月後には134.00ぐらいには戻っていたかとおもう。それで今後ストップはおかないと決めたわけなんだけど、今でもそうしている。レバレッジが10倍だし一回での取引は1~5万通貨なので最悪一年くらい塩漬けになってもLongであればかまわないだろうと、それよりもマイナス決済の気分の悪さにはどうにもたえられないと、僕は考えている。


▼現在のポジション
CAD/JPY 87.02 S 05/06/02
USD/JPY 112.44 L 05/07/21
EUR/JPY 136.75 L 05/07/21


USD/JPY
先週のレンジ相場(112.80~111.90)では上抜け、下抜けの確率は五分五分だったと思うのだけど、今週は下抜けの可能性が高まってきた。今週末の郵政民営化法案はいくつかの出来事が重なり可決の芽がでてきたようだ。各新聞社の調査結果でもかなり微妙だ。
先週まで決済注文の指値を113.10としていたんだけど、昨日112.84と変更しておいた。
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【2005/08/02 09:31】 FXこれまで~ | トラックバック(0) | コメント(0) |
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ハッシュ
Logo_red_120x60
 
iMac G5_Blue
 
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
4万円って!安すぎです LUVMACHINE-120x60
  • blogランキングへ
    ブログ王ランキングへ
    外国為替サイトランキング
    ブログランキングranQ
    ブログランキングネット
    BS blog Ranking
  • Author:ハッシュ
  • ハッシュ's profile
    1972年生/男/身長184cm
    建築設計を生業としている
  • RSS1.0
  • HusH's FAVORITES

  • 奇才ロイウッドの率いるサイケポップバンド。 1968 1st album
  • このマウスを待っていた!一見1ボタンに見える。しかし5ボタン+スクロール
  • mmouseb_120-60
  • 新しくなったiPod
  • iPod white with Color Display
  • 僕がほしい椅子
  • ENTRIES

  • ルイヴィル・スラッガー(11/29)
  • いまだ危険水域なのだけど(11/23)
  • 1週間ぶりにもどってみれば(11/21)
  • そして続く(11/11)
  • しかしながら・・・(11/10)
  • COMMENTS

  • 笠原光雄(02/13)
  • 向井信彦(11/30)
  • 伊藤 あゆむ(10/11)
  • 向井信彦(07/31)
  • NOMADESIGN(08/29)
  • たかさん(08/26)
  • HusH(11/22)
  • TRACKBACKS

  • みかの記録:バフェットとソロス 勝利の投資学(10/04)
  • ノンフィクションをあげる:大地の慟哭(09/23)
  • ノンフィクションの日:カラシニコフ(2)(08/27)
  • 金融のヒント集:ジョージ・ソロスについて-金融のヒント集-押さえておきたいキーワード(03/14)
  • 株式新着トレンド情報局☆株カブネット:投資効率とボラティリティー(01/03)
  • ARCHIVES

  • 2005年11月 (10)
  • 2005年10月 (31)
  • 2005年09月 (37)
  • 2005年08月 (49)
  • CATEGORY

  • FX (74)
  • FXこれまで~ (6)
  • FXポジション (32)
  • FX戦略メモ (13)
  • FX記録 (2)
  • いくつかのこと (0)
  • LINKS

  • 外国為替トレード管理室
  • 相互リンクランキング
  • 元祖ブログランキング
  • 投資ランキング倶楽部
  • 金利で暮らそう
  • 目指せ!不労所得生活!
  • FXで月100万儲かる為に
  • FXー大為替物語
  • 銀行よりも、”高金利”っ!高利回りで効率運用!
  • SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。