x
外国為替保証金取引物語
外貨保証金取引でのいくつかの僕の物語。もちろんリアルです。

--/-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

09/18 ある村のお話

 たくさんの村がこの世界にはあるわけなんだけど、この大空のもとこの村もやはりここにありました。村人たちの多くはお金持ちではないのだけど、それでも生活ができないほどの貧しさとは縁のない日々を営んでいました。村には郵便局や銀行がありました。お金を刷る中央銀行もありました。村人達は郵便局や銀行にせっせと貯金やら預金やらをしていました。
 村は「村」によって運営されていました。「村」は村人達によって選ばれた何人かの代表者によって運営され、村の生活をより良くするために決まり事やら道やらを造っていました。「村」の活動は村人達が納める税金によって賄われていて、そのお金で法律をつくったり橋を造ったり道を造ったりしていました。
 「村」が必要としていた一年間の予算は80億円でした。だけど毎年の税収は40億円程度でしたので「村」は毎年債券を40億円分発行していました。その債券を村にある郵便局やら銀行やらがせっせと買っていました。もちろん郵便局や銀行にあるお金は村人たちが預けているお金です。中央銀行は新たに増刷したお金でせっせと郵便局やら銀行から債券を買っていました。そのおかげで金利は0%に近いものになっていました。
 果たしてこの村はお金が足りないのでしょうか。それとも有り余っているのでしょうか。少なくとも「村」がなかったならば債券という借金はないはずです。だけどそれでも道は造れるのです。お金の出所は結局のところ村人なのだから。
 
道をつくる場合のお金の流れ
■「村」がない場合
村人(代金)→道を造る業者
 
■「村」がある場合
    村 人(税金)→→→→→「村」(代金)→道を造る業者
(貯金)↓ ↑(利子)
        ←(債券)   「村」
 郵便局、銀行 →(債券の代金)
        ←(債券の利子)
(債券)↓ ↑(増刷したお金)
    中央銀行
 
「やたらとねじ曲がっているためにお金があるにもかかわらず、やたらとお金を増刷しているって感じだな。システムのねじれが原因で必要のない借金をして、必要の無いお金が増刷しているということか。このままだとアホみたいに市中にお金が溢れかえるってわけだな。いやもう溢れているってとこか」
 ああ、僕もそう思うのだけど。だけどこのねじれを是正することはそんなに簡単なことではなさそうだね。強権発動で、エイヤ!ってわけにもいかないだろうし。だけど、この村のことを観察している他の村人にとってこの村の状況はどう映っているのだろう。
「とりあえずはアンタッチャブルってとこさ。通貨の信用性もかなり低いんじゃないの。足りなくなれば刷るってんじゃさぁ。だけどこの村には基本的にはお金があるわけだからさ、そのお金に目を付けな奴はいないんじゃない。例えば郵便局とか。俺たちの村の債券も買ってもらおうぜってことになりそうだよ」
 ああ、そうだね。だけどあの村では今度新しくルールをつくるんだ。郵便局はあの村が発行した債券以外を買ってはいけない、っていうルールをね。
「それは問題ありそうだね。他の村からいろいろいわれるんじゃないの」
 そうだろうね。だけど、今は市中にお金があって0金利だからこのねじれ状態のなかだましだましなんとか「村」が村を運営できているはずなんだよ。これで市中のお金が村の外に出て行き、この「村」発行債券をよその村の人たちに買ってもらう必要がでてくるわけだろ、今のところよその村人が債券を買っている割合は数%だから、とすると債券先行で金利が上がるわけだ、買ってもらわなければいけないわけだから。そうなるとどうなるのだろう。
「ねじれが生み出した虚構の借金がリアルな借金になるというわけだ」
 そういう意味では今の借金も虚構なんかじゃなく十分にリアルだとおもうのだけど。
 
 
 と、こんな具合に僕は今の状況はこんな風なとこだと認識しているのけど、どうだろう、合っているのだろうか。
「さあな。俺もお前も経済やなんかのお勉強をしてきたわけじゃないからな。まあ、でも俺が今に対して持っている印象とそんなにズレはないかな」
 
 日曜日はもう午後を迎えていた。
スポンサーサイト
こちらの外国為替サイトランキングでは多くの方々の為替にまつわるお話をご覧いただくことができます。またこちらをクリックしていただけると当サイトのランキングが向上します。ご協力の程宜しくお願い致します。
【2005/09/18 12:39】 FX | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<役に立たないいくつかのもの | ホーム | 躍動するユーロドルとドル円 ポジション>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ハッシュ
Logo_red_120x60
 
iMac G5_Blue
 
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
4万円って!安すぎです LUVMACHINE-120x60
  • blogランキングへ
    ブログ王ランキングへ
    外国為替サイトランキング
    ブログランキングranQ
    ブログランキングネット
    BS blog Ranking
  • Author:ハッシュ
  • ハッシュ's profile
    1972年生/男/身長184cm
    建築設計を生業としている
  • RSS1.0
  • HusH's FAVORITES

  • 奇才ロイウッドの率いるサイケポップバンド。 1968 1st album
  • このマウスを待っていた!一見1ボタンに見える。しかし5ボタン+スクロール
  • mmouseb_120-60
  • 新しくなったiPod
  • iPod white with Color Display
  • 僕がほしい椅子
  • ENTRIES

  • ルイヴィル・スラッガー(11/29)
  • いまだ危険水域なのだけど(11/23)
  • 1週間ぶりにもどってみれば(11/21)
  • そして続く(11/11)
  • しかしながら・・・(11/10)
  • COMMENTS

  • 笠原光雄(02/13)
  • 向井信彦(11/30)
  • 伊藤 あゆむ(10/11)
  • 向井信彦(07/31)
  • NOMADESIGN(08/29)
  • たかさん(08/26)
  • HusH(11/22)
  • TRACKBACKS

  • みかの記録:バフェットとソロス 勝利の投資学(10/04)
  • ノンフィクションをあげる:大地の慟哭(09/23)
  • ノンフィクションの日:カラシニコフ(2)(08/27)
  • 金融のヒント集:ジョージ・ソロスについて-金融のヒント集-押さえておきたいキーワード(03/14)
  • 株式新着トレンド情報局☆株カブネット:投資効率とボラティリティー(01/03)
  • ARCHIVES

  • 2005年11月 (10)
  • 2005年10月 (31)
  • 2005年09月 (37)
  • 2005年08月 (49)
  • CATEGORY

  • FX (74)
  • FXこれまで~ (6)
  • FXポジション (32)
  • FX戦略メモ (13)
  • FX記録 (2)
  • いくつかのこと (0)
  • LINKS

  • 外国為替トレード管理室
  • 相互リンクランキング
  • 元祖ブログランキング
  • 投資ランキング倶楽部
  • 金利で暮らそう
  • 目指せ!不労所得生活!
  • FXで月100万儲かる為に
  • FXー大為替物語
  • 銀行よりも、”高金利”っ!高利回りで効率運用!
  • SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。